postheadericon ヘルスとオプション

女性の背中

ソープランドというところは、その発祥以来、さまざまな「ワザ」を開発してきたところである。
「泡踊り」だけではなく、エアマットを使ったマットプレイとか、ローションプレイなどが行われてきた歴史がある。
それに対して、ラブホテルなどでプレイするデリヘルやホテヘル、またお店の中にプレイルームが設置されているファッションヘルスでは、「ヘルスサービス」が中心となる。

ヘルスサービスは、ディープキスから始まって、全身舐めや素股や……といったプレイが次々に行われていくものである。
このヘルスでのプレイを補完し、充実させるために「オプション」がある。

オプションには、バイブやローターといったいわゆる「オトナのオモチャ」を使ったプレイや、コスプレなどがある。
一味ちがったプレイを楽しみたいという人には、ぜひ利用されたいものである。

postheadericon サービス料

女性と泡

デリヘルやホテヘルと、ソープランドでは料金設定が少し違う。そのことは、少し注意しておくべきである。
例えば、デリヘルやホテヘルの場合は結構単純で、コース時間が決められており、時間ごとに料金も変わってくる。
「60分いくら、90分いくら」という具合である。それに、ホテル代がついたり「指名料」がついたりする。また、変わったプレイがしたかったりすれば、有料の「オプション」をつければ良い。
このことは、お店のホームページにも載っているし、わかりやすいものである。

ソープランドのホームページにも、同じように料金の案内はなされているが、「安いな」と感じてしまったら要注意である。
というのも、ソープという店では「お風呂に入る料金」と、「エッチなサービスを受ける料金」が別になっているのである。別払い制なのである。
お店に行って、受付で「入浴料」を支払い、女の子に「サービス料」を支払うというシステムになっているのである。

もちろん、多くのホームページではこのことについて説明してくれているが、もし見逃してしまって財布にギリギリのお金しか入れて行かなかったとしたら、結構な恥ずかしい目にあうことになる。
このことは、覚えておいて損はないのである。

postheadericon あわおどり

ベッド

デリヘルやホテヘルといったお店では、「ヘルス」のサービスが中心となる。
ヘルスのサービスとは、女の子が全裸になって身体を合わせてくれて、ディープキスをしたりフェラチオをしてもらったり、シックス・ナインをしたり素股をしてもらったりというものである。
素股というのは、ローションなどをつかってぬるぬるにした女の子とお股と太ももを使って男のアソコを挟み込み、前後にこすることによってまるで挿入しているかのような快感を味わうプレイを言う。
達者な嬢による素股は、むしろ挿入よりも大きな快感を与えてくれるとも言われている。
それが、ヘルスサービスなのである。

ソープランドのサービスでは、ヘルスサービスの「スタンダードなサービス」とは一線を画した、このジャンルならではのプレイを楽しむことが出来る。
例えば、ソープランドの名の通り、この店ではお風呂がプレイの場所として使われるが、ここでのプレイに特徴がある。
「泡踊り」もそのひとつである。何も、泡を塗ってダンスをするわけではない。
今はローションを使うのが主流になっているが、かつては嬢が全身を泡まみれにして、その身体で、浴槽の外に敷いたマットに横たわった男性の身体に自らの身体をこすりつけ、洗ってくれるというサービスを意味していた。
身体中を使って、身体中をまさぐるような仕草が、まるで踊っているような感じであることから、このような名前がついたものらしい。
ソープがまだ「トルコ風呂」と呼ばれていた頃(のち、トルコ共和国から正式に抗議を申し入れられて改名)、日本初かその次くらいに出来たソープランドの嬢が開発した技だと言われている。